突っ張り棒の進化系「ドローアライン」は省スペース DRAW A LINE

普通のつっかえ棒は壁と壁につっかえさせて、そこにちょっとハンガーをかけたり、二本つっかえさせて上に板を置いて簡易型棚にもなる。以前クローゼット上部のスペースが空いているので、つっかえ棒でバッグ置き場を作ったことがあるんですが、結構落ちてくるんですよね。バッグは重すぎた。
それで結局やめて、今はストールなど軽いものをさっとかける普通の使い方をしています

色んな使い方があるっつっかえ棒ですが、ちょっと進化している模様

DRAW A LINE ドローアラインとは

DRAW A LINE (線を引く?ように配置させるのか)
こういうのをいうそうです

空間に1本の線を描くように、エントランスをスタイリッシュに彩る突っ張り棒。ハンガーやトレイ、ライトなどお好みのパーツを好きな位置でカスタマイズすれば、自分スタイルの空間が完成します。突っ張り棒に位置を簡単に変えられるフック3個付き。
DRAW A LINE 001 Tension Rod 突っ張り棒A ブラック 幅75~115cm 縦横兼用
こういうパッケージです

色はブラックとホワイト

ブラックはインテリアになじむようにマットな塗装(つや消し)になっているそうです
ホワイトもあります

長さも選択肢有ります
DRAW A LINE 003 Tension Rod C 突っ張り棒C ホワイト 幅200~275cm 縦専用

DRAW A LINE パーツを組み合わせる

この一本の柱を基準にいろんなパーツがある
ハンガーを取り付けられる

DRAW A LINE/ドローアライン 可動式コートハンガー

トレイを付ければ観葉植物も置ける!

DRAW A LINE トレイ

何となくキャットタワーも思い出す(笑)

省スペースシューズラック!

狭い玄関でシューズラックを置く場所が無いならこのドローアラインが使えそうです
何しろ面積は基本的に棒一本ですから
ヒールの細いハイヒールはその上にさらに板が必要かもしれませんが、
スニーカーやバレーパンプスなどペタンこの靴はそのままポンと置く感じ

DRAW A LINE シューズラック

スタンドライトの安定感!

そして、究極はライト!
スタンドライトは倒れると怖いですが、これは突っ張り式に固定して取り付けるタイプなので、普通の生活をする分には安心

DRAW A LINE ランプアームというパーツで取り付けられる

色はもちろん、形や長さも選択可能です

DRAW A LINE ランプアーム
使い方などが参考になるのはこちら

DRAW A LINE を使ったライフスタイル