ミッドセンチュリースタイルのカウンターテーブル

レトロとモダンの中間のようなカッコいいけどどこか懐かしい印象のミッドセンチュリーインテリア。
今回はダイニングづくり

ミッドセンチュリーとは20世紀半ばのころアメリカで流行り出したインテリアジャンル
古いものと新しい素材の融合されたデザインが多く
例えばスチールと木材を合わせたり
レザーアイテムを入れるとよりかっこよくミッドセンチュリーなスタイルに

かっこいいモダンな印象のデザインのインテリア
バーカウンターのようなテーブルを置くのもかっこいいですよね

ミッドセンチュリーなカウンターテーブル

アカシア材のカウンターテーブル <2人用>

ベルメゾン

アジアンテイストの表情を見せるアカシア材を贅沢に使用木質感を楽しめるすっきりデザインのカウンターテーブル。奥行浅めなので狭い空間でも圧迫感なく設置可能カウンターキッチンに合わせて、ダイニングテーブル使いもOK朝ごはんやちょっとした読書スペースなどを省スペースで作ることができます。先細りながらもしっかりとしたつくりの脚部もデザインポイントシリーズのアイテムと揃えるのがおすすめお求めやすい価格にも注目。

アカシア材のカウンターテーブル <2人用>


カウンターダイニングテーブル <4人用/6人用>

ベルメゾン

足置きや棚がついた、本格的なカウンターテーブル深みのあるウォールナット突板のブラウン色とスチール脚のブラックが好相性幅約120cmと普段使いにも便利なサイズ。

カウンターダイニングテーブル <4人用/6人用>


スッキリデザイン脚のカウンターテーブル <2人用>

ベルメゾン

一見シンプルながらも、随所に丸みをつけたフォルムがやさしくスマートな印象のカウンターテーブル。天板は、木質感を楽しめるよう凹凸をわずかに残したナチュラルな仕上げまたスラリと伸びる脚部は積層が美しく、棚板に使用したブラックスチールとの異素材コンビネーションでスタイリッシュな雰囲気をただよわせます。天板下に荷物をストックするスペースがあるので、作業用テーブルとして使ってもGOOD脚部にはガタつきを防ぐアジャスター付き。

スッキリデザイン脚のカウンターテーブル <2人用>


下棚付きカウンターテーブル

ベルメゾン

天板には木目が美しい天然木・オーク材の突板を使用スリムな天板は、少し中心がくれたような形状になっています。ほっそりとした黒のスチール脚が、モダンな印象雑誌などが置ける下棚が付いているので便利。がたつきを調整できるアジャスター付き

下棚付きカウンターテーブル


ガラス天板カウンターテーブル

ベルメゾン

ブラックカラーのガラス天板に、艶やかな光沢感を持つスチール製の角脚を組み合わせた、クールな存在感のカウンターテーブル存在感のあるデザインながら、天板が薄くすっきりしているので重くなりすぎませんお好みのカウンターチェアをコーディネートすれば、お部屋の一角がかっこいいバースペースに早変わりモダンなインテリアによく合い、男性のお部屋にもおすすめ。脚部底面にはガタつきを防ぐアジャスター付き

ガラス天板カウンターテーブル


塩系インテリアに合うカウンターテーブル <2人用>

ベルメゾン

マットな質感のアイアン×木を組み合わせスタイリッシュなかっこよさを見せるカウンターテーブル。一人暮らしのお部屋にも置きやすいサイズ感ながら、天板下に棚を備え使い勝手は抜群お求めやすい価格なので、インテリアを一新したい方やこれから新生活を始める方にもおすすめ。

塩系インテリアに合うカウンターテーブル <2人用>


天然木ウォルナット材を贅沢に使用したカウンターテーブル3点

ベルメゾン

天然木ウォルナット材を贅沢に使用した、高級感あふれるカウンターテーブル3点セット。質感を生かしたシンプルな佇まいが魅力。天板角には丸みをもたせた優しいデザインで、幅広いインテリアに素敵にマッチ丸型フォルムのハイチェアの座面は、合皮素材でお手入れもラクチン。しっかりとカーブを付けた背板のあしらいで、座り心地もGOOD

天然木ウォルナット材を贅沢に使用したカウンターテーブル3点


天然木オーク材を贅沢に使用したカウンター3点セット <2人用>

ベルメゾン

天然木ならではの節や縞模様など、特有の風合いを感じられるオーク材を贅沢に使用質感を生かしたシンプルな佇まいが魅力のカウンター3点セット。やさしい印象を見せる天板角の丸みやナチュラルな色味は、幅広いインテリアに素敵にマッチ丸型フォルムのスツール座面は、合皮素材でお手入れもラクチン。しっかりとカーブを付けた背板のあしらいで、座り心地もGOOD

天然木オーク材を贅沢に使用したカウンター3点セット <2人用>


DIY テーブルが天然木なら色を変える♪

すでにニスが塗られているなら、ヤスリで剥がさないといけないかもしれないですが
その後で。
普通のペンキだと木目も消えてしまいますから、
オイルステイン加工などにするとビンテージっぽくなってかっこよくなりそうですよ♪

塗る前にサンダーなどで表面を均すときれいに仕上がりそう

ニスは物理的に削って剥がす方法が思い浮かんだんですが、
こういう液体も売っているようです
臭いがきつそうですが💦

カンペハピオ 水性タイプ塗料はがし剤
↑匂いが少ないと書いてありますね?!
あまり臭くないのかな。
大物家具は天然木にしておくとDIYでいろいろ遊べる

コメントは受け付けていません。